2013年02月20日

モロッコ料理レシピ本「The Food of Morocco」が素敵

家でついているテレビチャンネルと言えば、ほとんどいつもFrancofonieの広告塔、フランスTV5。そんな我が家ではマグレブのレシピが標準食(大嘘)。

エジプトとマグレブ諸国で「アラブの春」が世間の話題となっていた時期にも「ひき割り小麦」食文化と「クスクス食文化」の境界線はどこにあるのか、などとまったく視点がずれていた話で盛り上がっていた(この解答についてはフランスで比較文化研究をしている人の「クスクスの謎」という本に詳しい)。

そんな我々が香港のブックストアで表紙の絵に引き込まれるように手にしたのが「The Food of Morocco」。モロッコ料理のレシピ本。

以前、衝動買いしたインド料理のレシピ本よりもさらに厚い重い。500ページを超える本格派。

さすがに香港から持って帰るのも手間なので、amazon.co.ukに発注

レシピ本なんだけど、とにかく写真が美しい。食をレシピとしてだけではなくて、食文化として伝える趣旨。だから写真も料理の写真だけではなくて、現地で調理をしている調理場の風景や食べている街頭の人の表情も捉える。モロッコ料理のリアリティはここにあり、と。

IMG_3231-lightroomed.jpg「The Food of Morocco」、Paula Wolfert著

19歳の時にモロッコに足を踏み入れて以来、50年以上もモロッコを始めとするマグレブ、地中海圏の料理を研究・取材している著者。この本もこれまで知られていなかった地方料理にまで踏み込んで本来のモロッコ料理レシピを収集する。











IMG_3232-lightroomed.jpg美味しそうな写真。豆のスープだよね。朝ごはんかな。
スープにスプーンが1本、ただそれだけでこの本のレシピにリアリティが生まれる。










IMG_3233-lightroomed.jpgタジン鍋がずらり。

タジンレシピの充実ぶりと言ったら!この鍋の数並み!

というか、この本ではまず新しいタジン鍋のエージング方法から入ります。






IMG_3234-lightroomed.jpgフランスのレシピに度々出てくるカルドン

そうか、やはりこちらから(にも?)来たのか。これ日本でも普通に売らないのかな。フキノトウ、ブロッコリーやセロリが売れる国なんだから、絶対売れるのに。








IMG_3235-lightroomed.jpg正真正銘の「モロッコいんげん豆」!

海外ではこれグルグルに巻いて売ってるのよね。。。










タジンを代表としてモロッコ料理の良いところは肉と一緒にたくさんの野菜が摂れるところ。タジンのタンパク質だって羊じゃなくても牛でも鶏でも魚でもいいしね。イスラム圏じゃあ絶対やらないだろうけど、原理的には豚でもまったく問題なく作れちゃう。野菜はカブでも大根でも人参でもなんでもいい。材料が沢山種類あればあるほど美味しい。

採れる野菜が違っても、食べる肉が違っても、人間の味覚の発達の仕方がモロッコでも日本でもちゃんとお互い分かり合える様になってる。

なにかすごいことのように思えるけど、忘れかけてた基本中の基本。




続きを読む
posted by ATENARI 研究開発部 at 00:00| 研究開発日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

サンレモ音楽祭2013、開幕!



旧正月に少々出かけてたもので出遅れました。

とりあえず、「サンレモ音楽祭2013」(Sanremo 2013)の動画を配信しているRAIのURLはこちらです。

完全版(Puntate Integrali)はすぐに配信止まったりして、そのあとはハイライトだけになったりするので、通して見たい方はお急ぎくだされ。

今回初日の「Polemizzarto」な政治ネタは相当にしつこくて、会場から総ブーイングを喰らって進行が止まっておりました。が、たぶんこのブーイングすらも演出。この自作自演のしつこさとわざとらしさはSanremoの定番です。イタリアのテレビ番組演出の定石とも言えるこのわざとらしさとしつこさは必見(?)

さらに自分もまだ見てないのですが、2日目の2/13にはゲストでサルコジ前フランス大統領夫人のカルラ・ブルーニが登場したようです。。。。。(ちょっと観てみる)。。。うぉ、歌ってる。

またまた変更になった大会ルールはこちら。出場者が歌う曲自体も未発表曲2曲から初日と二日目の投票で決まるのですか。。。。冗長そのものだった大会日程を短くする気は全くない様子です。。。。というか、未発表曲2曲が入ってる公式CD使って出場歌手・グループのファンを釣り上げてはチャリンチャリンと増収策?最初から著作隣接権持ってるレコード会社と結託してる度合いが半端ないです。。。。毎回出場歌手の選定から最優秀歌手の選考までが全部出来レースと疑われるのもわかります。

こういった余計な雑音には用がなく、純粋にイタリアポップスを楽しまれたい方は、2/22発売予定の公式CD(2枚組)をamazon.itibs.itなどから。出場歌手のCDリスト(amazon.it)も貼っておきます。(リンクはアフィではありません)

今年は出場曲の選定がレベル高い気がします。。。。いい意味で今らしいイタリアらしいポップスを幅広く代表しているように感じます。

いじょ!

















続きを読む
posted by ATENARI 研究開発部 at 00:00| イタリア・イタリア語 | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

突然気づいたこと -- re: Sanremo 2013

イタリアのポップスジャンルを中心に定額の音楽配信サービスを提供している「playme.it」。月4.99ユーロ〜で登録されている限りのすべてのイタリア音楽を中心としたコンテンツをネット経由で楽しむことができます。イタリアの音楽シーンで英語曲は外せないですから、イタリアンポップスだけがカバーされている訳ではないですし、ヴェルディやプッチーニなどのクラシックカテゴリーも申し訳程度にはありますけどね。アメリカのSpotifyや日本のMusic Unlimitedのように、定額制の音楽配信サービスがイタリアでも利用できるようになりました(と言っても2010年からサービスは開始されていたようですが。。。いまだベータだけどさ。。。)

この「Playme.it」の運営主体はDada.net S.p.A.というところなのですが、この会社はもともとイタリアでドメイン登録レジストラとかをやっていたところです。一昨年(2011年)に別の会社に買収されていました。買収した会社はBuongirono SpAというところ。

さて、Buongirono SpA(ボンジョルノ)という名前を聞いたことはありませんか?「イタリア語でおはよう」じゃないですよ(間違ってはいませんが)。イタリアのコンテンツ配信、モバイル向けアプリケーションプラットフォーム開発会社なのですが、NTTドコモがほぼ100%の株式を所有する子会社なのです。昨年8月にドコモが買収しました。

日経でこのニュースを読んだ時には「なんでまたこれイタリアから入るんだ?」と疑問に思いましたが。。。。

そういえばその昔、iモードが全盛だった時期に携帯電話事業者のWindでiモードサービスとかやってたり(いまどうなってるんだろ?)、実は電電公社の時代からテレコム・イタリア(TIMの親会社)とは研究所の研究員を交換で派遣したりと、仲がよかったりしたそのNTTだったなあ、と思いだました。NTTドコモと同様にNTTグループの一翼であるNTTデータもイタリアのIT企業を買収しています。日本のテレコム業界とイタリアのテレコム業界、なにかあるのでしょうか。

今はモバイルモバイルと誰もが気軽に普通に使ってる携帯電話、スマフォですが、その技術の根底となった無線通信技術では実はマルコーニというノーベル物理学賞も受賞したイタリア人が偉大な研究開発成果を残しました。彼の技術成果や特許は現在の無線通信技術の発展にとっての礎なのです。イタリアの人たちはこのことをエライ誇りに思っています。その時からの流れ?いやいや。

買収した会社のコンテンツ配信サービスのコンテンツの一つとは言え、イタリアンポップスとNTTドコモ。おもしろい繋がりだと思いませんか。

ということで(??)、今年もサンレモ音楽祭の時期がやってまいりました。2月12日からです。今年の司会者は男女二人組という珍しいパターン。女性の司会者はRAIのテレビドラマ「Fuoriclasse」で主演していたLuciana Littizzetto







続きを読む
posted by ATENARI 研究開発部 at 00:00| イタリア・イタリア語 | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

英語・フランス語・イタリア語バレエ雑誌「Ballet2000」のオンライン購読が便利


IMG_0017.PNG2011年に紹介した英語・フランス語・イタリア語3ヶ国語併記のバレエ雑誌「Ballet2000」。昨年2012年の4月号から突然「英語・フランス語版」と「イタリア語版」に分離されてしまって、海外発送の対象は「英語・フランス語版」だけに。

英語・フランス語・イタリア語の3ヶ国語を必要としていたレアケースな我が家は不満たらたらでした。もともと3ヶ国語時代に年間購読に契約していても「英語・フランス語版」しか送られて来ないし!

年間購読がそろそろ契約満了となるので、さてどうしたものか、と公式サイトを覗きにいくと紙媒体を郵送する購読契約に加えて、オンラインでPDFファイルを受け取れる「e-magazine Subscription」が提供され始めていました。

しかもお値段が紙の海外発送料込みで70ユーロ/年(夏のヴァカンスシーズンがお休みなので11ヶ月分)だったものが、21ユーロ/年に!!送料が不要になっただけでなく、元々の購読価格である紙媒体29.50ユーロ/年に比べても良心的になっています。どこかの紙版と電子版で値段が全く変わらない日経新聞とはエライ違い。。。


IMG_0018.PNGいままでの海外発送だとAirmailで届いてるのかSnailMailで届いているのかわからないくらい配送が遅れてきたのですが、ネットでPDFファイルをダウンロードするのならば一瞬です。この雑誌の特色の一つである、海外のバレエ公演最新情報や公演スケジュールを頼りにするならば、配送に時間がかからないこのPDFダウンロードの即時性はかなり重要。

早速、オンライン購読を申し込んでみると(Paypalで支払いができるようになったのもメリット)、翌日には最新号となる235号のPDFファイルをダウンロードするリンクがメールで送られてきました。

その一つ前の234号が先週着いたばかりだったのに。。。。。ということでインターネットの威力炸裂。




ファイルがPDFなので、読む環境はPCに限られません。カラー写真、カラーページが多いので、iPadなどのタブレットが最適。自分はiPadを使っています。

IMG_0019.PNGメールで送られてきたリンクを直接叩いて、立ち上がるブラウザーでそのまま読んでもいいのですが、これでは毎回ダウンロードすることになりますし、ページ間のナビゲーションがまったくよろしくないです。そもそもBallet2000でのPDF生成方法がスキャンなのか、PDFファイルのページ1ページに雑誌の見開き2ページが入っている形態になっていて、この方法ではタブレットの画面に一度に2ページが表示されてしまいます。画面をひとつひとつ拡大して1ページ毎の表示にしなければいけない。。。。SafariでPDFなんかそんなもの、と言ってしまえばそうなのですが。。。








IMG_0021.PNGそこで、一旦PDFファイルとしてダウンロードして、PDFファイルリーダーアプリを使って読むのがオススメです。自分は自炊向けJPEG/CBZ/PDFファイルリーダーとして評価の高いCloudReaderを使います。元のPDFファイルの悪さが取り除かれて、ページ表示もページめくりもきちんとページ単位でできるeBookそのものになって至極便利です。











ところでオンライン購読にしたメリットがもうひとつ。分離された「英語・フランス語版」と「イタリア語版」の両方がPDFでダウンロードできるのです!これで3ヶ国語環境が復活。これで21ユーロポッキリとは!インターネットさま様でございます。










続きを読む
posted by ATENARI 研究開発部 at 23:00| イタリア・イタリア語 | 更新情報をチェックする